Web制作用にMacBook Pro Retina 2012を購入。(MBA2010から)

2週間前に届いてからの感想です。用途はほぼWebサイト制作です。

今まで、Web制作はMacbook Air 2010(13インチ、メモリ4GB)でずっとやってきました。持ち運びも出来て、外部モニタに繋げばデスクトップに早変わり。満足していました。

Macbook Pro Retina

しかし、Airではデザインデータの取り扱いに多少時間がかかり、知らず知らずにストレスになっていたようです。

そんなとき、WWDC2012で発表されたMacbook Proに標準でSSDが搭載されたということで、思い切って乗り換えることに

今回のMacbook Proのスペックは低めに、しかしメモリだけは重視しました。ホームページの表示をチェックするため、複数ブラウザの多重展開で結構メモリを消費するからです。あと、英字配列キーボードでないMacは考えられませんでした。

  • CPU : 2.3GHz
  • SSD : 256GB
  • メモリ : 16GB
  • USキーボード

購入後、Parallels DesktopでMac上にWindowsを立ち上げ、IE6,7,8,9それぞれを確認したり、VMware FusionでLionにLionをインストールすることを覚えました。後悔しても遅いですが、SSDの容量をもっと増やしておけば良かったです。仮想デスクトップを使うのに256GBというのはギリギリですね。

まぁ、CPUは置いといてSSDを512GBにするのに5万かかるのはどうかなぁと思ったわけです。

MBA2010との比較や感想

・Macbook Air 2010のときに通常の画像を開く感覚より速く、イラストレーターデータがぺらっと開けてしまいます。保存も一瞬。これには驚きました。

・Retinaについては、Macのいくつかのアプリのフォントがとてもなめらかに表示されます。Safari以外のブラウザは標準でRetina表示に対応していないようです。荒い...

・現在、外部モニタを2つ付けてトリプルディスプレイにしています。ThunderboltとHDMIで繋げていますがThunderboltポートは1つ余るので、クアッドディスプレイも可能のようです。海外のサイトでモニタ3つ繋いでも余裕だわこれって書いてました。
MacBook Pro 15″ with Retina Display Can Run 3 External Displays

・Emacsの起動速度が体感1/3になりました。

・メモリ16GBの効果が大きく、メモリを気にしながら作業するという肩身の狭い思いをすることが無くなりました。また、買ったはいいもののメモリ不足で使い物にならず眠らせていたアプリ(TotalFinder、PathFinderなど)がここに来て真価を発揮しています。

最後に

納期を乗りきれたのもこいつのおかげだと感じていますので、仲良くやっていきます。