脱獄iPhone5で英語辞書引きを爆速化するハック

英語学習オタクと化したiPhoneユーザーが、辞書引きの時間ロスを極限まで減らす方法を書き残します。使用している機種はiPhone5 iOS 6.0.1です。

ランチャーアプリをどの状態からでもジェスチャーで呼び出せるようにし、テキスト選択のポップアップから様々なアプリへ連結、使用頻度の高いアプリを常時待機させ、切り替えアニメーションを短くしています。あとは英文を読み続けるのに目に優しい設定もしています。この快適な操作感はiPhone5以上のメモリと処理速度がないと厳しいかと思います。

(iOS 6.1.3〜とiOS 7のJailbreakは現時点ではまだ公開されていないようですね。)

Action Menu & Action Menu Plus Pack

単語や文を選択すると特殊なポップアップが表示され、各辞書アプリ等に移動できます。Mac OSXの有名アプリ「PopClip」のようなものです。(URCLスキームを用いた辞書アプリの登録作業が必要)

Zephyr

アプリ間の切り替えは画面下1/4部分(設定可)の両端を左右になぞることでアプリ間を移動します。また画面下から素早く上に移動させることでホーム画面に戻ることができます。

Auxo

画面下からゆっくり上になぞることで、起動中のアプリ一覧をキャプチャ付きで表示します。

Background Manager

iPhoneアプリはしばらく使わずにいると再度呼び出した時に初期化などのラグが発生します。これを防いで素早く切り替えるためSeeq、Wisdom英和和英辞典2、Longman英英辞典Plusを常時待機させておきます。常時待機なのでバッテリーを食うかと思いましたがこの3つくらいならほとんど影響はないと思います。

Speed Intensifier

アプリ切り替え時等の無駄なアニメーションを短くすることで体感速度を高めます。最初のうちはこの快速感に興奮します。

Activator

様々な機能を多彩なジェスチャーに組み込むことができます。

ここではホームやどんなアプリからでも画面右上から下になぞることでランチャーアプリのSeeqを呼び出しています。また画面の白色が眩しい場合は全画面の色相反転機能を三本指を広げるジェスチャーで切り替えるようにしています。

f.lux

色温度を下げて画面を暖色系にすることで目を守ります。青色光を防ぐ眼鏡の出番が少なくなりました。

DictGoogle

動画では紹介しませんでしたが、通常の辞書に他のアプリへのジャンプ機能を付けてくれます。

ここで使用した脱獄不要で手に入るアプリ

ウィズダム英和・和英辞典 2 App
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
価格: ¥2,800
ロングマン現代英英辞典プラス App
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
価格: ¥2,900
Seeq - 次世代検索ランチャー App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥250
Sleipnir Mobile Black Edition - Web ブラウザ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥600