iOS8から超カンタンになったKindleの音声読み上げ方法

iOS7まではとても使いにくい機能でした。しかしiOS8になってから「画面の読み上げ」というオプションが追加されていることに気づきました。"画面上部から下に2本指でスワイプ"すると画面上の文字をiOS標準の音声機能で読み上げてくれます。

ページめくりにも対応しており、自動でどんどん進めてくれます。アプリを閉じても再生可能ですが、ページめくりはできず途中で止まります。

設定方法からどのように再生されるかはこちらの1分間の動画を見てみてください。

(本の内容は夏目漱石の『こころ』)

Kindle以外は?

Safari上でも読み上げてくれるようです。他のアプリも対応しているかもしれません。

別件ですが、より高品質の音声でWeb上の記事を読み上げたいのであれば、私が最近知って興奮しているアプリ『Voice Dream Reader』というものがあります。音声合成のライセンスを数多く使っているためか値段は高めです。しかし、これに匹敵するアプリは現時点で他にないと思います。他のサービス、Pocket、Instapaper、Evernote、Dropbox、Google Driveからの記事の取り込みができ、文章をハイライトしながら再生してくれます。個人的にうれしいのがiPadにも対応しているところ。

無料版: Voice Dream Reader Lite - Text to Speech - Voice Dream LLC
有料版: Voice Dream Reader - Voice Dream LLC

それぞれの音声はアプリ内で別に買う必要があります。日本語音声はMisaki&Showが最高です。英語はIVONAのJoeyを購入しました。IVONAはAmazonが買収済みということからわかるように最高です!(Kindleで使えないのは著者や出版社から使用を制限させられているようです)

普段読まないような記事も日本語なら2,3倍速で聞き流し、英語ならじっくり文章を見ながらといった私のライフスタイルを変えるようなアプリです。

KindleとVoice Dream Readerを使い分けて行こうと思います。