Emacs ace-jumpでピンポイント移動

ace-jump

ace jump modeを使ってみました。

流れは、ace-jumpのキーを押す > 目的の単語先頭文字を押す > 赤くなった部分の目的の文字を押す > 移動というものです。

isearchがあるから別に使わなくてもいいかと思ったら、複数ウィンドウ複数フレーム対応ということで採用しました。


;; ファイルをEmacsが読み込めていることを前提に
(require 'ace-jump-mode)
;; 移動対象を表示
(global-set-key (kbd "s-j") 'ace-jump-mode)
;; 移動した履歴通りに戻る
(global-set-key (kbd "s-J") 'ace-jump-mode-pop-mark)
;; 単語先頭/文字一つ  移動対象を切り替え
(global-set-key (kbd "C-s-J") 'ace-jump-quick-exchange)

キーバインドがややこしくなってきているので、今後はMacのcommandキーに対応する s- (super)も少しずつ増やしていこうと思います。